なりたい!しりたい!美容師
美容師 ホームリンクサイトマップ

髪結い

その昔、『髪結いの亭主』というのは、髪結いの奥さんのお陰で楽な生活をしている男性のことをいいました。


それほど髪結いの仕事は収入がよかったということでしょう。

髪結いは、江戸時代から明治にかけて、理髪業の人のことをこう呼びました。


『髪結いの亭主』とも呼ばれるように、女性の職業のように聞こえますが、男性の髪結いの方が起源が先のようです。

床屋と美容室のはじまり

江戸時代や明治の初期は、男性はまげ、女性は日本髪が当たり前の時代でした。


男性が男性の髪結いを手がけて、『髪結い床』と呼ばれる店を自分で持っている者は、『床屋』と呼ばれました。

女性の髪結いを行う女性の髪結いは、お得意さんの家を訪問して髪を結っていました。遊郭(ゆうかく)の遊女などは上得意のお客だったのです。


これが、理容と美容の始まりになります。

男髪結い

現在では男性の美容師も珍しい存在ではありませんが、髪結いの時代には男性は床屋、今で言う理容師という存在でした。


室町時代の後期から江戸時代に根付いた男性の月代(さかやき:額から頭頂部にかけて頭髪を剃り落とした髪型)を、一銭の代金で剃り落としていた『一銭剃り』と呼ばれるものが始まりです。

武士は奉公人(ほうこうにん)に剃らせていましたが、一般庶民(しょみん)の男性は、髪結いに頼んで剃ってもらっていたのです。


男髪結いは、村や町単位で抱えられていて、仕事がきれることはありませんでした。

男髪結いは大事な存在?

江戸時代になると、男髪結いの数が増えていきます。


男性達は頻繁(ひんぱん)に髪結いに通うようになり、やがて社交場や番所としても使われるようになりました。

江戸、大阪、京都では、幕府に届け出て床屋として開業したあとは、町の管理に置かれ、見張りなどの役割も担っていました。


呼び方も様々で、会所や番所が一緒になったものを内床、橋の近辺や交差点近くにあるものは出床、お得意さんを道具を持って回る者を廻り髪結いと呼んでいました。

男髪結いの仕事は、月代(さかやき)剃り、顔剃り、耳掃除、髪の結いなおしといったものになります。


お得意先と年契約している廻り髪結いは、規模の大きな店などに抱えられていて、髪結い代とは別に、お得意先から『あごつき』と呼ばれる食事を出してもらう契約をしたり、腕のいい髪結いになると、祝い事があるとご祝儀がお得意先から届けられたりして、ある程度余裕のある生活を送ることができました。

女髪結い

それまで、女性は自分で髪を結うのがたしなみとされていましたが、やがて髪型が複雑化してくると、自分で結うのが困難になってきました。


まして、後ろの髪の毛を大きく突き出すような髪型が流行り、顔形や好みに合った髪を結い上げる専門の者が必要となったのです。

数多くの髪型を熟知している髪結いは、遊郭の遊女の髪の毛をきらびやかに結い上げていたのです。

男髪結いから女髪結いの時代へ

男髪結いには、日々複雑化していく髪型に対し、お客の要望に答えていくには難しくなっていきます。そこで女髪結いが登場します。


女性ならではの繊細(せんさい)で細かい作業やセンスが、男髪結いではできない髪型を作り上げていくようになり、男性の廻り髪結いは坂を転がるように衰退(すいたい)していきました。

女髪結いは風呂敷に筋目クシや梳き(すき)クシを包んでお得意さんをまわり、どんな髪に結い上げたいのか要望を取り入れながら、最新の形に結い上げていました。


江戸後期には、今で言うヘアカタログが毎年販売され、女性たちに大人気の本となり、女髪結いたちはそれを参考にして、自分なりにアレンジをして髪を結っていました。

こうして女性達を華やかにする女髪結いでしたが、彼女達のいでたち自体はとても地味でとても質素でした。


にも関わらず、幕府は自分で髪を結わないと言うことは贅沢だと、女髪結いに髪を結わせることに、何度も禁止令を出しました。もちろん言うことをきく女性など誰もいませんでした。

抱えられている女郎や大きな店の奥様などからは、季節ごとに祝儀が届き、かなりの高給取りだったため、冒頭で紹介した『髪結いの亭主』という言葉が生まれたのです。

▲ このページの上にもどる

前のページへ トップページにもどる 次のページへ


| 髪結い | 美容室 | メイクと着付け| 美容師になるために | 美容師国家試験 | 美容師の収入 | 理容師と美容師 | 理容師 | ヘアサロンを開く |