なりたい!しりたい!美容師
美容師 ホームリンクサイトマップ

理容師と美容師

理容師と美容師の違いを『男は理容師』『女が美容師』そう思っている人も中にはいるようです。


女性の理容師もいますし、男性の美容師がいるのはもう周知のことですよね。まさか男性向けが理容室で、女性向けが美容室と思っている人もいませんよね。


理容室でも女性向けの顔剃りメニューがありますし、男性でも気軽に美容室を訪れています。理容師と美容師の違いは、理容師法・美容師法によって区別されています。

美容師の仕事

美容師の仕事を簡単に言うと、パーマネントウエーブ、結髪、化粧などの方法により、容姿を美しくすることと、美容師法第2条に定義されています。


美容師の仕事で重点を置かれるのは、やはりカットやパーマでしょう。

パーマ

メイクをすることもありますし、着物の着付けをしてくれる美容室もあります。美容師の仕事は、華やかさを作り出すお仕事と言ってもいいのではないでしょうか。


技術と経験のある女性美容師は、結婚式場で花嫁の身支度もします。モデルや芸能人のヘアメイクを担当したり、テレビや雑誌の世界でも必要とされている花形職業です。


だからといって、美容室に男性が行ってはいけないということはありません。男性の美容師も数多くいますし、美容室にカットやパーマ、カラーリングに訪れる男性客も大勢います。


余談ですが、理容室と美容室が一緒になっているところがありますが、中は一緒でも、入り口は別々に作らなければいけないことになっています。

理容師の仕事

理容師の仕事は、頭髪の刈り込み、顔剃りなどの方法により、容姿を整えることをいうと、理容師法第1条の2で定義されています。


熱いタオルを顔に乗せ、毛穴を開かせてからカミソリを当てている光景は、男性だったら誰でもみたことがあるでしょう。


美容師の仕事と大きく違うのは、カミソリを使うところでしょう。


理容室は男性の髭を剃るばかりではなく、最近では女性の顔剃りメニューも密かな人気が出てきています。

カミソリを扱うのでそれなりの修行と経験が必要です。


美容師とは使うハサミの種類も若干違い、美容師が自然な流れの髪型を作るとすれば、理容師は、ハサミで髪の毛を切って整えるということでしょうか。刈り込みや刈上げなどは、ミリ単位にまでこだわって行う理容師がほとんどです。

理容師はパーマがかけられない、メニューに載せてもいけないと言われていますが、実際は、理容師が女性客に対してパーマをかけてはいけないことになっています。


美容師が華やかさや美しさを演出するのだとしたら、理容師は、清潔感を出して爽やかさを演出してくれます。

両者の決定的な違いは、シャンプーの姿勢ではないでしょうか。


美容室だとシャンプー台に移動して仰向けになって、顔に水しぶきがかからないようにして髪の毛を洗いますが、理容室の場合、散髪台の前をあけると、シャンプー台が出てくるようになっていて、前かがみになって髪の毛を洗います。


やはり男性客が多いことから、髪の毛や頭皮のことを相談されることも多く、それなりの知識が求められることにもなります。

美容師がやってはいけないこと

美容師は原則として、カミソリを使ってはいけないことになっています。理容師の国家資格がなければ、顔剃りなどを行ってはいけないことになっているのです。


ただ、あくまでも『原則として』なので、最近では『化粧に付随した軽い程度の顔剃りは、化粧の一部として美容師がこれを行っても差し支えない』とされ、眉を整えたりする美容室もあるようです。


ショートカットなどのうなじの出るヘアスタイルにしたときなど、うなじの無駄毛を剃ることはかなり以前から行われていました。

▲ このページの上にもどる

前のページへ トップページにもどる 次のページへ


| 髪結い | 美容室 | メイクと着付け| 美容師になるために | 美容師国家試験 | 美容師の収入 | 理容師と美容師 | 理容師 | ヘアサロンを開く |