なりたい!しりたい!美容師
美容師 ホームリンクサイトマップ

美容師になるために

美容師になるためにはどうしたらいいのでしょうか。ヘアサロンもお洒落になって、服装も流行を捉えてお洒落になっていますね。憧れの職業の一つでもあるでしょう。では、実際にどうしたらいいのでしょうか。夢への第一歩を踏み出しましょう。

カリスマ美容師

カリスマと呼ばれる美容師が増えてきて、なんだか特別な存在ではなくなってきているような気がするのは自分だけでしょうか。

カリスマ』を辞書で引くと、

『ギリシア語で神の賜物の意味・超自然的、超人間的な力を持つ脂質。〜中略〜天与の非日常的な力』

とあります。

素晴らしい能力を持った人間ということでしょう。美容師で言えば、抜群のセンスと技術を持ち、インスピレーションに優れているということでしょうか。

実際、美容師の技術の向上は目をみはるものがあります。カリスマ美容師と呼ばれなくても、素晴らしい感性と技術を持った美容師はたくさんいます。もちろん、カリスマ美容師と呼ばれる人は、それなりの腕がありますので、周囲が騒ぐのも分かりますが、そうではなくても、とても優れた技術を持っている美容師もたくさんいます。

周りに惑わされず、自分の顔かたちにあった髪型を作ってくれたり、コンプレックスをカバーしてくれる髪型を作ってくれたり、自分の髪質を分かった上でヘアスタイルを作ってくれる美容師が、自分にとってのカリスマ美容師なのではないでしょうか。

自分でなければカットは任せられない……そう言われる美容師を目指してみませんか?

美容師専門学校

美容師になるには、美容師国家試験を突破しなければいけません。この試験を突破するには、美容師専門学校に行かなければいけません。

美容師専門学校では、美容室で働きながら国家試験を目指す、通信制を設けている学校もあります。昼間部・夜間部と分けている学校もあり、2年間で国家試験取得を目指します。通信制の場合は3年になります。

専門学校に入るには、基本的に高卒以上になりますが、中には中卒でも入学できる専門学校もあるようです。美容師専門学校は、入学するよりも卒業することの方が大変ですので、覚悟しなければいけません。

どんなことを学べるの?

学校で学べることは、専門学校によって多少の違いがありますが、多くは、シャンプー&ブロー、ヘアカット、カラーリング、ワインディング、エクステや編み込みなどの特殊ヘア、基本のメイク技術だけではなく、美容室で働くときに役立つ接客マナーなども学ぶことになります。もちろん髪の毛に関する基礎知識も学習します。

また、ヘアスタイリストとは別に、トータルビューティーコースとして、着付けやブライダル関係について学習できるコースもあります。様々なメイク法やヘアアレンジ、ブライダルジェアメイクや着付けなどを学びます。中にはネイルコースやエステコースのある専門学校もあるようです。

どこの学校に入学するのかは、体験入学をしてからにしましょう。校風や卒業後の進路などを、入学する前に知ることができます。

管理美容師

管理美容師という存在をご存知でしょうか。スタッフの数が2人以上いる美容室には、必ず管理美容師という人が存在します。美容室の従業員が、常時2人以上いる美容室では、美容室を衛生的に管理するための管理美容師を置くように美容師法で定められています。

美容師の国家試験を取得してから、3年以上の実務経験者でなければならず、公衆衛生学3単元、美容所の衛生管理6単元の2科目の講習を受けなければいけません。講習科目ごとにレポートを提出し、全科目50点以上で修了証書が交付されることになります。

▲ このページの上にもどる

前のページへ トップページにもどる 次のページへ


| 髪結い | 美容室 | メイクと着付け| 美容師になるために | 美容師国家試験 | 美容師の収入 | 理容師と美容師 | 理容師 | ヘアサロンを開く |